リフォームに発生する費用をできる限り抑えて最適な環境を整える

最新の住宅設備リフォームで備え付け

雨水が漏れる

雨漏りを発見してしまったらすべきこと

天井、あるいは壁にシミのようなものを発見したことはないでしょうか? 雨が降るたびに雨水がぽたぽたと天井から垂れてくる、という場合以外にも、天井や壁のシミは雨漏りを発見する手がかりとなります。 壁に目に見えるような大きな亀裂がなくても、目地を埋めているコーキング材の劣化により壁の隙間から雨水が侵入する場合があります。 また、雨どいに枯葉やごみなどがつまり、雨水が外へ流れ出ずに家屋に浸入してくる場合や、古くなったサッシの隙間から侵入してくることがあります。 雨漏りを発見したなら、迅速に修繕することが必要です。 応急処置的にビニールシートなどで塞いだとしても、根本的な解決にはなりません。 業者によってはスピード対応してくれるところもあります。 すぐに専門家を呼びましょう。

雨漏りをさせないためにはどうすればいいのか

雨漏りをしている状態で家屋を長い間放置しておくと、雨漏りがしている箇所だけでなく家全体を傷めてしまうことにつながります。 見た目の被害の範囲が狭くても、家全体に影響が及んでいる場合があります。 できるだけ早い段階で、壁や屋根などの塗装を塗り替えたり、補修工事をすることが必要です。 一般的に新築から15年くらいで、塗料が薄れて剥離したりコーキングが劣化して張り替えが必要になることが多いです。 家の外壁が劣化していないかどうか確認し、心配なら専門家にみてもらうことをおすすめします。 リフォーム工事や外壁工事の専門家は、家屋を長持ちさせるために有益なアドバイスをしてくれます。 相談だけならば無料のところも多いため、活用すべきです。