リフォームに発生する費用をできる限り抑えて最適な環境を整える

最新の住宅設備リフォームで備え付け

発生する費用

外壁塗装工事における見積りについて

外壁塗装は10年に一度の割合で行う事が良いと言われていますが、外壁と言うのは常に自然の猛威に晒されている場所であり、太陽の紫外線などにより日々劣化をする場所でもあるのです。 劣化した外壁をそのままにしておけば、雨水は壁に吸収されてしまい雨漏りの原因に繋がりますし、外壁が劣化する事でひび割れた部分から雨水が建物内部に浸透するなどして、雨漏りの原因にもなるのです。 そこで、外壁塗装を行う事で外壁に塗料の膜を作りだし、雨を弾き飛ばす外壁にする事が出来るのです。 尚、外壁塗装にかかる費用と言うのは、塗料代、職人の工賃、足場の組み立て費用などであり、外壁塗装を行う業者により様々であることからも塗装を行う前には業者の比較をする目的において見積りを作って貰う事が大切なのです。

モルタル壁やサイディングボードに関係なく外壁塗装は必要です

従来の住宅の外壁と言うのはモルタル壁が主流でした。 しかし、モルタル壁は施工技術が必要であること、耐久性が6年から8年と言われており、定期的な外壁のメンテナンスが必要と言われているのです。 そのため、最近はサイディングボードを利用した外壁が主流となっており、サイディングボードを利用する事で低価格で外壁を作り出せる事や、サイディングボードを利用する事で施工にかかる時間の短縮に繋がる事からも、サイディングボードに注目が集まっているのです。 しかし、住宅の外壁はどのような建材を利用したとしても外壁塗装は必要不可欠なものであり、モルタルでは6〜8年、サイディングボードでは10年などを目安に一度の割合で外壁塗装工事を行う事が必要と言われているのです。